花粉症対策と花粉症緩和米

花粉症対策と花粉症緩和米のページを説明

新着記事一覧

花粉症対策と花粉症緩和米

現在、日本で1700万人以上が苦しみ、もはや国民病ともいえる花粉症対策は国や自治体レベルで取り組む問題となってきています。

農林水産省では所轄の研究所で「スギ花粉症緩和米」の開発にむけて研究を行っています。
この「スギ花粉症緩和米」とは食べるだけで花粉症の症状がよくなるという便利で画期的な米です。

そのしくみは米の遺伝子を組み替え、中にスギ花粉の抗体を入れ込んだ米をつくるというものです。

そしてその米を毎日食べ続けると、免疫作用により徐々に体がスギ花粉に慣れて症状が軽減するという効果があり、「経口減感作治療法」のひとつです。
一日に一合ほど食べ続けると数ヵ月後には症状が改善されるというもので、既に動物実験では効果が確認されています。

ご飯として食べることは、注射やのみ薬に比べて簡単で、また病院に通う必要も無く、花粉症の人にとって負担の少ない治療法だと考えられます。

一方で遺伝子組み替え作物の普及に反対する声や、新しいアレルギーを心配する声もあり、実用化されるまでには様々な課題があります。

当初食品として開発されていたこの「スギ花粉症緩和米」は、厚生労働省により「医薬品として取り扱うべき」という判断を受け、医薬品としての開発に方針を変更しました。
このことで実用化は当初の予定より遅れています。

この「スギ花粉症緩和米」は今も尚、安全面での研究が進められており、すべての面で安全面が確認されたとき、花粉症で苦しむ人たちの有効な対策になると期待されています。
Category 花粉症

健康第一の花粉症対策と花粉症緩和米のリンクについて

健康第一の花粉症対策と花粉症緩和米のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。