花粉症対策と鼻呼吸

花粉症対策と鼻呼吸 のページを説明

新着記事一覧

花粉症対策と鼻呼吸

花粉症対策の一つとして「鼻呼吸」が注目を集めています。
以前から鼻呼吸を提唱している西原克成医学博士は、口呼吸がさまざまな病気の原因であるとの考えから、花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息などさまざまな病気に対して鼻呼吸を行う治療をし、実際に効果を上げているということです。

鼻から空気を吸う「鼻呼吸」では、鼻腔を通る間に埃や細菌などの異物が除去され、同時に加湿されます。
その空気は肺で酸素を吸入しやすい状態になります。
つまり、鼻は優秀な加湿器と空気清浄機の役割を果たしているということです。

人間は今では鼻と口のどちらでも呼吸をすることができますが、もともと人間を始めとする哺乳類は鼻だけで呼吸をしていました。

口呼吸では空気と一緒に吸い込んだ埃や細菌によって扁桃腺組織を痛め、その機能を低下させてしまいます。
その結果免疫力が低下して花粉症など様々な病気を引き起こすというわけです。
ようするに、人間の身体は口から吸った空気をきれいにするしくみになっていないのです。

一度口呼吸が身についてしまうと、なかなか鼻呼吸には戻せないものです。
花粉の飛んでいないシーズンオフから少しずつ鼻呼吸に取り組む対策が必要です。

その方法として睡眠中に濡れマスクを利用するのも効果的です。
睡眠中は無意識に口呼吸をしていることが多いものですが、濡れマスクをすれば口で呼吸をしにくくなります。
さらにマスクの水蒸気を吸い込み鼻の通りがよくなることで自然と鼻呼吸が身につきます。

昼間は意識的に口を閉じて鼻呼吸をする心がけが大切です。
市販の鼻呼吸グッズも多くでているので試してみるのもよい方法です。
Category 花粉症

健康第一の花粉症対策と鼻呼吸 のリンクについて

健康第一の花粉症対策と鼻呼吸 のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。