花粉症対策とストレス

花粉症対策とストレスのページを説明

新着記事一覧

花粉症対策とストレス

花粉症の症状を悪化させる原因の一つにストレスがあります。

ストレスによる病気は数多くあり身体に悪いということは周知の通りですが、花粉症も例外ではありません。

花粉症は花粉という抗原に対して免疫力が過剰に働くことで起こるものです。
ストレスは抗原と似た働きをするため、ストレスを感じると免疫力が過剰に働きます。
免疫力が過剰に働くことで、ヒスタミンなどのアレルギー症状を引き起こす化学伝達物質を出しやすくしてしまうのです。

花粉症は今では幅広い世代に広がっていますが、中でも働き盛りの30代から50代に集中しています。
30代から50代は仕事などで最もストレスがかかりやすい世代です。
花粉症は免疫力も体力のある働き盛りの世代に多く、逆に免疫力も体力も低い高齢者には多くないということです。

ストレスを解消する方法は人それぞれですが、自分の好きなことを思い切りする時間を持ったり、スポーツをしたりするのも有効な方法です。
また「ユーモア療法」という笑うことでストレスを解消する療法もあり、これはがん治療にも効果を発揮しています。

アロマテラピーで芳香浴やハーブティーを楽しむこともリラックスでき効果的です。
また、十分な睡眠をとることはストレスをためないためには重要なことです。
自律神経のバランスを保つために遅くても夜12時前には寝るようにしたいものです。

花粉症の季節は症状がつらく、暗い気持ちになりがちですが、自分なりのストレス解消法をみつけてストレスを貯めこまないことが一つの対策といえます。
Category 花粉症

健康第一の花粉症対策とストレスのリンクについて

健康第一の花粉症対策とストレスのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。