いびきによりもたらされる弊害

いびきによりもたらされる弊害 のページを説明

新着記事一覧

いびきによりもたらされる弊害

いびきはかくことによって色々な弊害が生じる事があります。
ですのでたかが「いびき」と思わないでください。
場合によっては重大な病気に繋がる事もありえるのです。
以下にいびきによる弊害にはどういうのがあるかご紹介しますので参考にしてください。

【騒音】
これはいびきを聞いている人にとってはかなり、睡眠妨害をしている可能性が高いです。
しかし一人暮らしなら自覚症状があまりないために全然問題ありません。
人によってはちょっとした音で目が覚めてしまう場合もあるくらい敏感な人もいるので、いびきをかく人は共同生活する人がそういう人だと困難になってしまう場合があります。

また、いびきは自覚症状がなく他人に指摘される場合が多く、指摘された場合はいびきの事が気になってしまって旅行などに行くときも消極的になってしまったり、恋人と一緒に寝る事ができなかったり、結婚生活ができなくなるかもと悩んでしまう人もいます。


【睡眠不足】
いびきをかいている状態のときは、熟睡していない事が多い、つまり眠りが浅いという事になります。
眠りが浅いと目覚めたときに疲労感が残ったりする場合が多いので、日中眠気が襲ってきたりします。
特に日中襲ってくる眠気は「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」である可能性が高いですので注意が必要になります。

【酸素不足】
いびきをかくという時は、「上気道が狭くなっている」ということですので空気の循環が不十分となります。
空気の循環が不十分という事は、体内に取り込まれる酸素が不足するということになります。
Category いびき

健康第一のいびきによりもたらされる弊害 のリンクについて

健康第一のいびきによりもたらされる弊害 のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。