いびきのメカニズム

いびきのメカニズムのページを説明

新着記事一覧

いびきのメカニズム

「いびき」というのは睡眠時に発している爆音の事です。

いびきをかくメカニズムや、いびきの音が出るメカニズムは皆同じなのですが、原因や音の大きさなどは人によって違っています。

以下に誰でも同じというメカニズムをご紹介します。
いびきと言うのは上気道(のど(咽頭)や鼻(鼻腔))の中にある粘膜が呼吸によりそこに空気が通るときに振動を起こして音が鳴るという症状の事を指します。
これは睡眠中の呼吸時にしか鳴らなく、通常時の呼吸では音が鳴りません。
なぜかというと、睡眠時の場合の上気道が狭くなっていることが関係しています。

上気道というのは、元々狭い器官です。
その上気道が筋肉で支えられているのですが、何かの原因で狭くなってしまい、空気の流れがその狭さによって速くなってしまい、空気抵抗が大きくなってしまいます。
そのせいで上気道の粘膜の振動が増えて、抵抗音や振動音などが生じてしまうということになります。

なぜ空気の流れが速くなるかというと、通常と同じ量の空気を睡眠時に吸うと、上気道の通り道が狭くなるので速度が速くなってしまうということになります。
睡眠時には全身の筋肉が緩みます。
という事は上気道の筋肉も緩んでしまいます。
ですので上気道は睡眠時には狭くなってしまいます。
そうなると「いびき音」が発生しやすくなってしまうという事になります。

上気道が狭くなるのは睡眠時のときはもちろん、アルコール摂取、疲労、肥満、病気、老化など色々な原因によって上気道が狭くなる可能性があります。
原因はさまざまですが、いびきが出るメカニズムは上気道が狭くなってしまうことに繋がっています。
Category いびき

健康第一のいびきのメカニズムのリンクについて

健康第一のいびきのメカニズムのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。