レーザー治療の流れ

レーザー治療の流れのページを説明

新着記事一覧

レーザー治療の流れ

いびきの原因には様々あります。
大体の場合は睡眠中に舌が上気道を塞いでしまう事によることが原因だと思います。

いびきの治療の方法の一つに「レーザー治療」があります。
このレーザー治療は口蓋垂の周りをレーザーで照射し、塞がった気道を少しずつ広げていくという治療です。
いびきは気道の中の粘膜の震えが原因でおこるので、レーザー治療でこの震えを抑えることができるという訳です。

現在のレーザー治療は痛みや出血が抑えられていて、日帰りでできるので昔よりは手軽に出来るようになりました。

【治療の流れ】
○診察・検査
病院では口や鼻の状態がどうなっているか内視鏡で確認をして、いびきの原因を探ります。
そこで無呼吸症候群の可能性がある場合、別の検査を行うようにします。

○レーザー(治療)
いびきや無呼吸症候群をレーザー照射で気道を広げる事によって改善していきます。
レーザー治療は、痛みや出血が少ないので入院は必要なく、日帰りで治療が可能となっています。
問題視されている、いびきの時の音ですが個人差があるために、治療をしても音が改善されない人もいますが、約9割の人が改善されるとされています。
このとき肥満の方は音が改善しないケースもあります。

○術後
治療後は落ち着くまで1〜2週間ほどかかりますので、激しい運動、刺激物の摂取などは控えて頂いた方がいいと思います。
傷跡が落ち着いた頃の1〜2週間後に通院して専門医にチェックしてもらいます。
Category いびき

健康第一のレーザー治療の流れのリンクについて

健康第一のレーザー治療の流れのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。