いびきの治療と保険

いびきの治療と保険のページを説明

新着記事一覧

いびきの治療と保険

いびきの治療というのは、無呼吸症候群のときに保険が適応されます。
無呼吸症候群によるいびきというのは必ずしも多いという訳ではありません。
いびきがたいしたことない場合、自覚症状が無く、本人以外の方から指摘される場合が多いです。
そういう場合は保険適応外なので病気としては捉えられることが出来ません。

いびきというのは、余りにもなっている人が多く、社会的にも問題が多々あるのに病気と認識されないだけで診断や治療が遅れてしまい、重度になる場合がありました。
いびきには薬での治療法がないと言うのがほかの病気と大きく異なる点だと思います。

そのために手術以外の民間療法が多くあります。
ただし治療効果には多少問題があるといえますが...
病院で出来る治療でレーザー治療などがあります。

レーザー治療の利点としては「出血が少ない」「局所麻酔」「入院不要」「痛みが少ない」「副作用が少ない」というのが挙げられます。
しかし、保険適応外の為手術費用が高額になる可能性があります。
だいたい20万円前後位ではないかと思います。

その他には鼻炎治療として、鼻の奥の粘膜をレーザーで焼き、鼻の空気の通りを改善します。
手術後2〜3週間ほどは不快感、アルコール摂取をしない、食事制限などがあるかとは思いますが、徐々に改善していきますので忘れずに通院することをお勧めします。
また、症状によっては保険適用になる場合もあるので医師と相談する事をおすすめします。
Category いびき

健康第一のいびきの治療と保険のリンクについて

健康第一のいびきの治療と保険のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。