いびきは怖いもの

いびきは怖いもののページを説明

新着記事一覧

いびきは怖いもの

いびきというのは怖いものだという事を認識しなくてはなりません。

いびきによる睡眠呼吸障害は、睡眠中の上気道の狭窄による閉塞性障害や、呼吸中枢の中枢性障害、この二つが一緒になった混合性障害という障害に分類されます。
この内の閉塞性障害では上気道の狭窄によっていびきが起きます。骨や軟骨で気道の周りが保持されていないために最も深刻で問題となる部位となっています。
「いびき」というのは、持続性のものと周期性のものとに分類されます。
以下にその二つに分類された性質の説明を記述します。

【持続性いびき】
睡眠中の上気道の抵抗が少ないために、充分に換気があるため酸素不足になることはありません。

【周期性いびき】
気道の狭窄が大きいために、呼吸が一時的ではありますが停止された状態になります。
呼吸が停止されると血液中に取り込まれるはずの酸素が不足し、炭酸ガスが蓄積されるようになります。
こうなるといびきの音は高くなります。

いびきや睡眠時無呼吸症候群などで睡眠不足などの睡眠障害などになると、昼間に睡魔に襲われるようになったり、覚醒障害、注意力散漫などの原因になったりします。

睡眠障害時の車の運転は事故の元ともなるので特に注意が必要になると思います。
更に血液中に酸素が不足してしまうと脳を刺激してしまうために覚醒を起こしてしまいます
また、酸素不足になると高血圧や肺性心合併などの合併症の原因ともなりますので更に注意が必要になります。
Category いびき

健康第一のいびきは怖いもののリンクについて

健康第一のいびきは怖いもののリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。