花粉症の人は肉食に注意

花粉症の人は肉食に注意のページを説明

新着記事一覧

花粉症の人は肉食に注意

花粉症の人は肉食に注意が必要です。

ここでいう肉食というは、動物性たんぱく質を多く含む食事のことです。
花粉症の人がこうした動物性たんぱく質をたくさん摂ると、花粉症を悪化させる可能性があるため、食事の際には注意が必要だと言われています。

なぜ肉食が花粉症を悪化させるのかを理解するためには、簡単にアレルギーの仕組みを理解する必要があります。
花粉症をはじめとするアレルギー反応は、人間の体の中に入ってくる異物に対する過剰反応です。
体に入ってくる異物の量が多ければ多いほど、その異物を排除しようとする反応は強くなります。
つまり、普段どの程度身体の中に異物があるかによって、いざ花粉症を発症した時の症状が変わってくるということです。

動物性たんぱく質は身体の中で消化されるのに時間がかかり、消化器官の最後の方まで残ることがあるため、体内では栄養分としてではなく、異物として認識されることがあります。
そして、この異物として認識された動物性たんぱく質を撃退しようと、体内では免疫系が活発になります。
また、肉の脂身に含まれる脂肪酸はアレルギー症状を悪化させる物質を作り出す元にもなります。

以上が、肉食が花粉症を悪化させるメカニズムについての簡単な仕組みです。
Category 花粉症

健康第一の花粉症の人は肉食に注意のリンクについて

健康第一の花粉症の人は肉食に注意のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。