花粉症と洋食

花粉症と洋食のページを説明

新着記事一覧

花粉症と洋食

花粉症の人は洋食を食べ過ぎない方が良いと言われています。

洋食は肉類や脂が多く含まれているため、花粉症のようなアレルギー症状を悪化させる原因になると考えられているからです。
花粉症は体内にある免疫系という、異物を排除する仕組みが花粉に反応して起こるものです。
そのため、この免疫系の働きを刺激するような食生活をすることで、花粉症が悪化するというのが背景にある考えです。

なぜ洋食が免疫系を刺激し、花粉症を悪化させるのかという仕組みを簡単に見てみましょう。
まず、洋食に多く含まれる肉類や脂肪分は消化するのに時間がかかるので、体内に取り込まれずに腸まで残ることが多くあります。
そのため、体内で栄養分ではなく異物として認識され、免疫系の働きを活発化させることになります。

免疫系は一度活発化して抗体を作り出すと、しばらくその抗体の数は増え続けます。
つまり、体に入った異物に対して、数多くの抗体が反応することにな
ります。
症状として見ると、これは、涙が止まらなくなったり、鼻水が止まらな
くなったりといった過剰反応として表れます。

花粉症の症状がひどくて悩んでいる人は、食生活を見直してみてください。症状を改善するきっかけが見つかるかもしれません。
Category 花粉症

健康第一の花粉症と洋食のリンクについて

健康第一の花粉症と洋食のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。