にきびと内臓

にきびと内臓のページを説明

新着記事一覧

にきびと内臓

内臓が不調の場合にはにきびが出来やすいといわれていますが、内臓は肌の移し鏡とも言われています。

にきびの原因になるのには、ストレスや暴飲暴食などによって、内臓に何らかの負担をかけてしまったことで、にきびが出来るといわれて
います。
また、便秘とにきびも密接な関係があると言われています。
内蔵が原因でにきびが出来る場合には、にきびはほとんどの場合が口の周りに出来やすいといわれています。
ですから口の周りににきびが出来てしまったときには、内臓に負担をかけていないか、便秘ではないかなど振り返ってみるといいかもしれません。

便秘でなぜにきびが出来るのかというと、便秘になるとストレスがたまったり、体の中の活性酸素が増えることによってにきびが出来てしまいます。
ですから便秘に悩んでいる人の多くがにきびにも悩んでいるといわれています。
便秘にならないためにも、食物繊維を豊富に含んでいる食品を食べたり、水分を沢山摂取することによって便秘を解消して、にきびが出来ないように心がけましょう。

また、にきびができるのは内臓に症状がある場合もありますから、体調の悪い方は内臓に疾患がないか、一度病院を受診されることをオススメします。
Category にきび

健康第一のにきびと内臓のリンクについて

健康第一のにきびと内臓のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。