にきびと紫外線

にきびと紫外線のページを説明

新着記事一覧

にきびと紫外線

にきびにとって紫外線は大敵だといわれています。

紫外線はビタミン類を壊してしまいますから、肌がにきびが出来やすい状態になっていますし、毛穴が詰まってしまうことにもなってにきびに直接関わってきます。
にきびに悪い影響を与える紫外線はお肌にも大敵ですが、対策は勿論紫外線を出来るだけ受けないことです。
夏の場合ですと、朝の10時ごろから夕方の4時ごろまでは紫外線が強いですから、外出はなるべく控えるようにして、外出する際は日傘をさしたり、つばの大きい帽子をかぶるようにします。
そして必ず日焼け止めクリームを塗ってにきびに悪い影響を与える紫外線を予防しましょう。

またにきびにならないためにも、紫外線を浴びてしまったと思ったら出来るだけビタミンやたんぱく質をサプリメントでも食品からでもいいですから大目に摂取して皮膚の抵抗力を衰えさせないよう、気をつけましょう。
にきび跡に紫外線をあびると、色素沈着してしまうとも言われていますから、出来るだけにきび跡がある人は紫外線を浴びないように気をつけたほうがいいですね。

にきびと紫外線、一見無関係のようにみえますが、にきびにとって紫外線はとても悪影響を与えますし、症状を悪化させてしまいますから気をつけましょう。
Category にきび

健康第一のにきびと紫外線のリンクについて

健康第一のにきびと紫外線のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。