にきびとタバコ

にきびとタバコ のページを説明

新着記事一覧

にきびとタバコ

にきびとタバコはとても関係しているってご存知でしょうか。

思春期でにきびに悩んでいる人はきっとタバコとは無関係だと思いますが、大人にきびに悩んでいる人でタバコを吸っている人は関係があります。
タバコの煙というのは血管を収縮して酸素が体内に送られにくくなってしまいます。
それによって血の巡りが悪くなって、それは体だけでなく顔にも表れて顔の新陳代謝が悪いためににきびが出来るといわれています。
また他にも、タバコというのはビタミンCを大量に体の中で消費してしまいます。
このビタミンCは、にきびなどの跡や色素の沈着を防ぐ働きをしているので、タバコを吸ってしまうことにより、にきびやにきび跡の色素沈着が悪化してしまいます。

タバコを吸う人はお酒を一緒に飲む人が多いのですが、タバコを吸いながらのお酒は、健康にはもちろんのこと、肌にとっても一番良くありませんし、にきびを作ってしまう原因になります。
にきびを作ったり、にきびを悪化させる原因になるので、にきびが出来やすい体質の人やにきびが出来ている人は、タバコもお酒も控えるようにしなければいけません。

普段両方すったり飲んだりしている人は試しに一度両方をやめてみ
てください。
きっとにきびの出来ない綺麗で健康的な肌に生まれ変わります。
Category にきび

健康第一のにきびとタバコ のリンクについて

健康第一のにきびとタバコ のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。