にきびと飲酒

にきびと飲酒 のページを説明

新着記事一覧

にきびと飲酒

にきびと飲酒についてですが、にきびが出来やすいピークの時期というのは、思春期ごろですからきっと、思春期のにきびに悩む人にとっては、飲酒は関係ない話だと思います。

しかし、思春期をすぎて20歳をすぎてもにきびに悩む人というのは最近増えているといわれていますから、そんな人のために少し紹介しておきます。
にきびにとってなぜ飲酒が良くないのかというと、お酒にはにきび
の元になっている糖分を沢山含んでいます。
それによって皮脂が活発になってしまい、にきびが出来やすくなるというわけです。

よく社会人の人でも、飲み会が続いたり、夜遅くまで飲んでいて睡眠不足が続いたりすると、にきびが出来る人も多いのではないでしょうか。
これは内臓に負担がかかってにきびができていたり、生活のリズムが崩れることでにきびが出来ているといわれています。
お酒を飲むときにはあまりのみ過ぎないように注意して、飲んだ後、顔が皮脂まみれになっているようでしたら、顔を小まめに洗うなど
してにきび対策をしたほうがいいでしょう。

思春期のにきびの人にはあまり関係ないのですが、大人にきびとよばれる厄介なにきびには飲酒はとても関係がありますから注意しましょう。
Category にきび

健康第一のにきびと飲酒 のリンクについて

健康第一のにきびと飲酒 のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。