にきびと辛い食べ物

にきびと辛い食べ物のページを説明

新着記事一覧

にきびと辛い食べ物

にきびと辛い食べ物についてですが、辛い食べ物ってにきびに良くないということをご存知でしょうか。

辛い食べ物というのは刺激物です。
刺激物はたくさん食べた後、胃に入ると胃が荒れてしまうことがあります。
胃が荒れると内臓に負担がかかってしまって、にきびが出来やすくなるといわれているのです。
ですから、胃に負担がかかってしまうような刺激物や辛い食べ物はにきびを作る原因になります。

一方辛いものというのは、体の中の血液の流れを促進する作用があります。
これがにきびにどう関係しているのかというと、にきびの症状を血液の流れを促進することによって悪化させることがあるといわれています。
ですからにきびが出来やすい体質の人はあまり刺激のある食べ物は控えるようにして、できるだけ内臓に負担がかからないようにするといいですね。

とはいっても、韓国や中国では昔からキムチなどの辛い食べ物を食べていても肌が綺麗な人が多いではないかと思う人もいると思います。
しかし根本的に日本人はもともとはキムチなどの刺激物を食べる人種ではなかったために、刺激の強い物を食べるとにきびができてしまうという体質のようですから、にきびに刺激物は大敵です。
にきび体質の人は特に気をつけましょう。
Category にきび

健康第一のにきびと辛い食べ物のリンクについて

健康第一のにきびと辛い食べ物のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。