わきが手術の切除法

わきが手術の切除法のページを説明

新着記事一覧

わきが手術の切除法

わきがの手術には色々な方法がありますが、わきがの手術の方法には切除法というものがあります。
これは脇毛の生えている部分の皮膚を切除してしまうというわきがの治療方法で、昔から行われていたわきがの治療方法です。
最近ではあまり行われていない方法です。

わきがの切除手術の場合は、広範囲で手術を行うことが難しいといわれています。
ですから、わきがの原因になっているアポクリン腺を全て切除するというのは大変難しいといわれています。
このわきがの切除方法で治療をした場合には、真ん中の部分だけを切除して取り去ることで、わきがが治るのですが、その部分のわきがだけを切除しただけにとどまりますから、根本的には、他の残された皮膚の部分のわきがは完治していません。
そして皮膚をメスを使って切除するので、わきが手術の傷跡が残ってしまいますし、縫ったあとには皮膚もひっぱられて腕があげにくいとも言われています。
場合によっては後遺症が残ってしまう場合もありますし、外科手術として麻酔もかけなければいけません。
最近この手術が行われていないのはこれらの少しマイナスな部分が多い手術だからのようです。

色々な面から考えてもわきがの切除手術というのはデメリットが多い手術といえると思います。
Category わきが

健康第一のわきが手術の切除法のリンクについて

健康第一のわきが手術の切除法のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。