脱毛症の種類

脱毛症の種類のページを説明

新着記事一覧

脱毛症の種類

脱毛症には男性型脱毛症の他に、様々な症状があります。

■脂漏性脱毛症
脂漏性脱毛症は、頭皮における皮脂の過剰な分泌が原因で起こる脱毛症です。
特に食生活やシャンプー、洗髪の方法等によって皮脂が過剰に分泌され発症します。
皮脂の過剰な分泌は、毛穴が詰まり髪の成長が妨げられます。


■粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)
乾性のフケが毛穴を塞いでしまい、炎症を起こす事で抜け毛が増加します。
フケには乾性のフケと脂性のフケとがありますが、脂性のフケは脂漏性脱毛症の初期症状となります。
乾性のフケは、過剰な洗髪や強いシャンプー剤を使用する事で、頭皮の必要な皮脂を取り除いてしまう事で発生します。


■円形脱毛症
「円形脱毛症」と言う脱毛症の名前は皆さん良くご存知でしょう。
症状としては前ぶれなく、突然円形の脱毛が発症します。
男女年齢問わず、誰にでも発症する可能性があり、症状の中には頭部全体や体全身の毛が抜けてしまう事があります。
ストレスが原因だと言われてきましたが、近年では免疫機能の異常が原因で発症すると言う考え方に変わっています。
■びまん性脱毛症
びまん性脱毛症の原因は老化、偏った食生活、ストレス、頭皮における血行不良などが挙げられます。
症状としては頭部全体に髪の毛が薄くなります。
バランスの取れた食生活、規則正しい生活習慣、有酸素運動などで体の内面から予防する事をオススメします。


■薬剤性脱毛症
この症状は薬剤の副作用によって引き起こされるものです。
代表的なもので抗がん剤による脱毛が認められますが、脱毛の症状は一時的なものが多いです。
治療が終了すると通常1、2ヶ月で髪の再生が始まり、半年程ではほとんど元に戻る場合が多いです。
Category 薄毛・育毛

健康第一の脱毛症の種類のリンクについて

健康第一の脱毛症の種類のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。