育毛・発毛を阻害する要因

育毛・発毛を阻害する要因のページを説明

新着記事一覧

育毛・発毛を阻害する要因

育毛や発毛を阻害する要因としてタバコ、酒、紫外線などがあります。
タバコは「百害あって一利なし」と言われるように、人間の体にとって何も良い事はありません。
お酒も適量なら体に良いのでしょうが、過度な摂取はやはり体にとってよくありません。

では育毛、発毛にとって具体的に何が悪影響なのでしょう。

■タバコ
まずタバコですが、皆さん良くご存知の通り血行が悪くなります。
これはタバコの主成分であるニコチンが血管を収縮させる作用があるからです。
血行が悪くなれば当然頭皮の血液循環も悪くなって、体の中で栄養が遅く届く髪には、ほとんど栄養が行き渡りません。
又、一酸化炭素が血液に含まれるヘモグロビンと結合して酸素運搬能力が低下します。
栄養、酸素の供給が低下すると髪の毛の寿命は短くなって、成長速度も遅くなります。


■お酒
良く聞く話は「お酒は肝臓に悪い」と言いますね。
お酒を飲みすぎてしまい肝臓に負担がかかると、タンパク質が作られなくなります。
タンパク質は髪の毛の主成分ですので栄養が不足すると言う訳です。
肝臓はアルコールを分解してくれますが人によってその能力は様々です。
週に2日は休肝日を設定し、肝臓を休めるように心掛けましょう。


■紫外線
紫外線は頭皮に必要な皮脂を酸化させてしまいます。
皮脂が酸化すると過酸化物質となって毛根における細胞を死滅させるので脱毛を誘発します。
又、髪の主成分であるタンパク質を破壊し、キューティクルを痛めます。
キューティクルが痛むと水分が奪われてしまいパサついた髪となります。
紫外線が強い日は、帽子で直接紫外線を浴びないようにします。
Category 薄毛・育毛

健康第一の育毛・発毛を阻害する要因のリンクについて

健康第一の育毛・発毛を阻害する要因のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。