思春期にきび

思春期にきびのページを説明

新着記事一覧

思春期にきび

思春期にきびというのは一般的にいう、にきびの事です。

思春期にきびは、大体9歳頃から18歳ごろの第二次性徴ホルモンのバランスが原因で起きるにきびだといわれています。
第二次性徴期には、ホルモンが分泌され始めますから、それによって皮脂の量が増えていくといわれています。
皮脂の量が増えるということは、増えた皮脂を栄養分として、アクネ菌が増えてにきびが沢山出来るといわれています。

また、この時期には夜更かしをしたり、不規則な生活をすることで、にきびが出来るとも言われています。
夜更かしだけでなく、偏った食生活や生活のリズムもにきびの原因になっています。

思春期にきびというのは年齢が経ってホルモンのバランスが安定すれば自然ににきびの数が減ってきて治まるといわれているのですが、体質によっては思春期にきびがそのまま大人にきびにな」ってしまう人も多いといわれています。

思春期にきびの場合、ほとんどの人は一過性のもので、時期が来ればにきびがなおるといわれていますから、思春期特有の悩みの一つとして治療もそれほど真剣に行われないようですが、思春期にきびがそのまま、大人にきびになった場合には、美容整形外科などへ行ってにきびの治療をする人が多いといわれています。
なお、美容行為は保健適用外ですので、治療費が非常に高額です。

また、皮膚科に於いて、赤くなる前の段階の黒ニキビや白ニキビを治療する薬は、海外にはありますが、日本では認可されていないのが現状です。
Category にきび

健康第一の思春期にきびのリンクについて

健康第一の思春期にきびのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。