赤にきび

赤にきびのページを説明

新着記事一覧

赤にきび

にきびの種類には色々な種類があると思います。

例えば、赤いにきびですが、この赤にきびというのは、炎症を起こしているにきびのことを言います。
毛穴の中で増殖してしまったにきびの菌を持っている脂肪分解酵素が皮脂の成分の中性脂肪を分解して、それによって、遊離脂肪酸を作るといわれています。
また、にきび菌からは炎症に関係している白血球を引き起こす因子が分泌されるとも言われています。
この遊離脂肪酸と毛穴の周りに集まった白血球が毛穴の壁を壊して、毛穴を中心にして炎症を起こします。
これが赤いにきびと言われています。

赤いにきびは、にきび菌が毛穴の中に増えている状態という単純な物ではなくて、炎症が起きている状態の事を表しています。
赤いにきびの炎症がもっとひどくなると、毛穴の中に化膿してしまった膿が出てくるようになります。
この膿を無理やり赤いにきびから出そうとして皮膚を傷つけて自分で出すと、にきびの炎症はさらにひどくなるだけでなく、皮膚も傷ついてしまいますから絶対やめましょう。

赤にきびは熱を持ったように赤く膨れ上がっているのが特徴的です。このにきびの場合は普通のにきびに比べると炎症が起きていることになりますから炎症がこれ以上ひどくならないように十分なケアが必要です。
Category にきび

健康第一の赤にきびのリンクについて

健康第一の赤にきびのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。