黄にきび

黄にきびのページを説明

新着記事一覧

黄にきび

黄にきびというのは、赤にきびが悪化した状態のにきびのことを言います。

赤にきびよりも悪化して黄にきびになったにきびは、にきびの一番最後の段階とも言われていて、膿腫という別名もつけられています。

にきびが赤くなって腫れて炎症を起こしていて、毛穴の中には黄色っぽいクリーム色をしている膿が溜まっていて、腫れてしまっているにきびの状態を黄にきびといいます。
また、さらにこの黄にきびを刺激すると、毛穴が破れて中身が流れ出し炎症が広がることもあります。

黄にきびにまで悪化してしまった場合には、ほとんどの場合が真皮(皮膚の深い部分)まで傷ついてしまっていることが多いため、炎症が治った後も、にきびの跡がクレーター(瘢痕・あばた)のように残ってしまうといわれています。

更に悪いことには、にきびの後がクレーターのように残った後には、紫外線の刺激などによって色素沈着となって、赤い色をしたシミや茶色のシミが残ってしまうといわれています。
このクレーターになってしまったにきび後は、自分でケアをしても、なかなか元に戻すのは困難だといわれています。

凹クレーターにより、コンプレックスに陥ったり、またそこまでいかなくても、ニキビが出来たことでストレスの原因になり、それがまたニキビになりえるため悪循環になるケースも少なくありません。

にきびを黄にきびまで悪化させないように日ごろからケアを大切にやりましょう。
Category にきび

健康第一の黄にきびのリンクについて

健康第一の黄にきびのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。