白にきびと黒にきび

白にきびと黒にきびのページを説明

新着記事一覧

白にきびと黒にきび

白にきびというのは閉鎖面皰といわれているにきびの状態の中では、一番初期の状態のにきびのことを言います。

毛穴が閉じている皮膚の表面に発疹が出来ることを言います。
白にきびは、毛穴の中に、古い角質や皮脂がたまって毛穴が閉じている状態のことを言います。
見た感じでは普段の皮膚の色と変わりがないので、白にきびといってもなかなか見分けがつかないのが現状です。

白にきびの中に、アクネ菌が沢山増えて炎症を起こしてしまうと赤にきびに悪化してしまいます。
ですから白にきびを見つけた段階で、すぐににきびへのケアをしておけば赤にきびに進行することなく事前ににきびを食い止めることが出来るのです。

白にきびの全く逆の症状で毛穴が開いてしまっていてコメドと呼ばれる角栓が毛穴に詰まってしまっている状態のにきびは、黒にきびと呼ばれています。

白にきびの場合には、すぐケアすることでにきびをこれ以上ひどくさせないことが出来ますから、なかなか白にきびはわかりにくいですし、見つけにくいとは思いますが、肌に異変を見つけた時点で白にきびをケアしておけば炎症を起こすにきびに発展しなくて済むのではないでしょうか。
体質によっては白にきびどまりでにきびの炎症がおさまってしまう人も中にはいるそうです。
Category にきび

健康第一の白にきびと黒にきびのリンクについて

健康第一の白にきびと黒にきびのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。