にきびの種類

にきびの種類のページを説明

新着記事一覧

にきびの種類

にきびの種類について紹介したいと思います。

にきびの種類はにきびが発症してから治るまでの症状の悪化の段階によって種類が分かれているといわれています。
にきびの種類は、白にきび、赤にきび、黄にきび、黒にきびに分けられています。

まずは一番初めの段階の白にきびですが、
毛穴が閉じたままの皮膚の上に出来るにきびで、まだ赤みもなく、発疹がぽつぽつっと出来ている状態のにきびです。

そして赤ににきびというのは、皮膚の上に赤い発疹が出来ているにきびの事で、赤にきびは皮脂が過剰に分泌することによって毛穴が詰まってしまって、炎症が起きて赤いにきびになるといわれています。

そして黄にきびと呼ばれるにきびですが、黄にきびは赤にきびがもっと悪化してしまった状態のにきびのことを言います。
これはにきびで言うと最終段階のにきびとも言える膿がたまってしまっている状態のにきびのことを言います。

そしてにきびの種類の黒にきびと呼ばれるにきびは、角質と皮脂が混ざったことで酸素に触れて酸化してしまったために、毛穴が開いて角栓の先が黒く見えてしまうにきびのことです。

このように、にきびは段階によってにきびの種類が四つに分かれて
いるのですが、どれもそれぞれ症状が違っていますので、出来るだけ白にきびのうちに対処したほうが、にきびが治りやすく跡が残らないと思います。
Category にきび

健康第一のにきびの種類のリンクについて

健康第一のにきびの種類のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。