にきびに悪い食事

にきびに悪い食事のページを説明

新着記事一覧

にきびに悪い食事

にきびに悪い食事ついて紹介したいと思います。

にきびの原因になっている皮脂腺というのは油に溶ける物質を体の外に排出する働きがあります。
ですから、脂溶性の物質、すなわち油を多く含んだ食べ物は皮脂腺に集められることになります。
すると皮脂を分泌する毛穴を詰まらせることになるので、にきびができるわけです。

油を多く含んでいる食べ物をはじめとして、油脂を沢山含んでいるスナック菓子や牛乳などを必要以上に大量に食べるというのはあまりよくないといわれています。
また、コーヒーや辛い物、煙草など、刺激が多い物も、刺激をにきび
に与えますからにきびにとってよくないと言われています。

にきびに気をつけるなら、甘みを抑えていれば問題はないといわれていますが、砂糖や炭水化物は皮脂腺で中性脂肪を生成する元になっているといわれていますから、にきびには良くない食べ物といえると思います。
またアルコールもにきびには良くない影響が出るかもしれませんから、控えたほうがいいと思います。

とにかくにきびの人には油分を多く含んだ食べ物は大敵です。
揚げ物はもちろんの事、肉類や高カロリーな食べ物も出来るだけ控えるように日ごろから注意しておくことが必要です。
毎日の食事で野菜を多くとるようにし、油の量を減らすことによってにきびの症状が改善されます。
Category にきび

健康第一のにきびに悪い食事のリンクについて

健康第一のにきびに悪い食事のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。