にきびの発症因子

にきびの発症因子のページを説明

新着記事一覧

にきびの発症因子

にきびの発症因子が何かについて紹介したいと思います。

にきびの発症因子は3つあるといわれています。
まず、にきびの発症因子の一つ目としては皮脂腺が大きく肥大したことによって起きるといわれています。

そして、にきびの発症因子の二つ目は、毛穴の中に日常的に存在している最近のプロピオニバクテリウムアクネスと呼ばれる、通称にきび菌と呼ばれる菌がいるのですがそれが原因とも言われています。
このにきび菌は酸素が少ない状態でも増殖が可能で、皮脂を栄養にし
て増えていきますから、皮脂が活発に出る思春期の肌などはこのにきび菌が成長するのに適した条件になっているといわれています。

そしてにきびの発症因子の三つ目の因子としては、毛穴の開口部が固まって角質がたまってしまって、にきび菌を持っている脂肪分解酵素によって角質を固めてしまうという働きがにきびを発症させるといわれています。

にきびが出来ている肌というのはなかなかターンオーバー(新陳代謝)が進まないために、角質がたまりやすい肌になっているといわれています。
なお、こまめに洗顔するなどの方法で皮膚を清潔に保ったとしても、にきびの原因が体内にある場合には、発生自体を抑えることはできません。
Category にきび

健康第一のにきびの発症因子のリンクについて

健康第一のにきびの発症因子のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。