大人にきび

大人にきびのページを説明

新着記事一覧

大人にきび

大人にきびというのは思春期を過ぎても、まだにきびが出来る状態のことを大人にきびと呼んでいます。

にきびというのは、思春期をピークに発症して、大体の場合思春期のにきびは年齢とともにホルモンのバランスが安定することで、にきび
は徐々に減っていくといわれています。
しかし大人にきびは、色々な原因が重なって、思春期に出来るにきびよりもとても厄介だといわれています。

また思春期にはおでこを中心にニキビができていたのに、大人になってからのにきびは、あごや髪の毛の生え際からフェイスラインにかけて出ることが多いのです。

大人にきびの一番の原因は、ストレスや肌が乾燥することだといわれています。
また生理などのホルモン分泌バランスが乱れて出ることもあります。

ストレスがたまると、ストレスに勝てるようにと、にきびの元になっている卵胞ホルモン(エストロゲン)が沢山分泌されます。
それによって皮脂の量が増えてにきびが出来てしまうといわれています。

大人のにきびはとても厄介で、皮脂と古い角質が混ざり合って毛穴が詰まり、そこでアクネ菌などの影響で炎症が起こってしまいます。
皮脂が過剰に分泌されても、肌はなかなかターンオーバー(新陳代謝)がうまくできずに、残ってしまった古い角質や油分の多い化粧品などが毛穴を防いでにきびを作ってしまうのです。

大人のにきびを改善するには、まずはストレスをためないことや、角質をこまめに取ること、そして食生活の見直しや生活習慣の見直しも大切になってきます。
大人にきびは一度出来てしまうとなかなか治らず、にきび跡にもなりやすいので早めの対処が必要になってきます。

皮脂は過剰なのにバリア機能は低下していますので、大人にきびを触って刺激を与えたり、刺激のある化粧品の使用は控えるようにしなければなりません。
最近では大人にきび用の化粧品なども販売されています。
Category にきび

健康第一の大人にきびのリンクについて

健康第一の大人にきびのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。