にきびはなぜ顔に出来るのか

にきびはなぜ顔に出来るのかのページを説明

新着記事一覧

にきびはなぜ顔に出来るのか

にきびはなぜ目立つ顔に出来ることが多いのでしょうか。

にきびは多くの場合、頬や額に出来やすいといわれています。
ほかにも体の部分で言うと、背中や胸にも出来やすいです。
顔や背中、胸の部分になぜにきびが出来やすいのか、その理由は共通していて、皮脂腺が集中していることによってにきびが出来やすいといわれています。
皮脂腺というのは毛穴の部分に開口しています。
皮脂腺で作られた皮脂は毛穴を通って皮膚の表の部分に出てきます。
にきびはその毛穴から出す皮脂が炎症を起こしたために出来るのです。

ですから思春期になると皮脂腺が活発になって肥大して、皮脂が活発に生成されることからにきびが出来やすいといわれています。
にきびがなぜ顔に出来やすいかということですが、にきびの原因になっている皮脂腺が顔には非常に多いので、にきびが出来やすいといわれているのです。

皮脂腺が顔に沢山ある体質の人ほどにきびが出来やすく、しかもにきびが顔に出来やすい人というのは、背中にも皮脂腺が沢山ある人が多いため、思春期の学生の悩みのひとつになっています。

にきびは皮脂が活発になることによって起こる「青春のシンボル」でもありますが、特に女子生徒や女子学生にとっては、美容上、大変気にする人が多く、触りすぎて悪化させる場合もあります。
Category にきび

健康第一のにきびはなぜ顔に出来るのかのリンクについて

健康第一のにきびはなぜ顔に出来るのかのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。