にきび跡

にきび跡 のページを説明

新着記事一覧

にきび跡

にきび跡というのは何かというと、にきびに出来た後に、赤いシミのようなものが残ってしまうことをにきび跡と言っています。

にきび跡は少し赤く残ったり凸凹しているのが特徴で、このにきび跡はなかなかすぐには治らず、時間がかかるケースが多いといわれています。
またひどいにきび跡の場合には、一生にきび後が顔や体に残ってしまうこともあります。
にきび跡は、実はにきびで悩んでいる人の一番の悩みとも言われているのです。

にきびで赤いのはなぜかというと、炎症によって傷つけられてしまった皮膚を修復するためにその新しい組織が見えているので、赤く炎症を起こしたように見えるのです。
一般にこのにきび跡は大体半年以内には消えるといわれていますが、にきび跡がそのまま残ってしまって紫外線などの刺激を受けることで、にきび跡が色素沈着を起こしてシミとなって残ることもあるようです。

にきび跡は凸凹していることが多いのですが、この凹みは、にきびの炎症で真皮に傷がついてへこんだ状態で、凸の方は、にきびが治る際に膿が皮膚内に残った状態でそのままふさがったために膨らんでいる状態だそうです。
にきび跡の改善はなかなか難しく自分で出来ないこともあります。
皮膚科や美容整形外科などでにきび跡の治療を受けることで綺麗になるとも言われています。
Category にきび

健康第一のにきび跡 のリンクについて

健康第一のにきび跡 のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。