花粉症とIgE抗体

花粉症とIgE抗体のページを説明

新着記事一覧

花粉症とIgE抗体

花粉症のメカニズムを理解するには、IgE抗体という抗体の存在を知らないといけません。
抗体は本来、体内に侵入した病原細菌や毒素などの異物を排除し無害化するためのものであって、ヒトには、IgA、IgD、IgE、IgG、IgMの5つのタイプが存在します。
この中で、花粉症の患者で最も重要なのがIgE抗体なのです。

花粉症は、人間の体の中にあるIgE抗体というものが、花粉に過敏に反応し、排除しようとして起こります。
IgE抗体というのは、どのような人でも体内に持っているものですが、花粉症の人はこのIgE抗体の量が、そうでない人の数百倍にもなります。
花粉症は、アレルギー反応の一種で、このIgEという抗体はアレルギー反応の際に活動するものです。
つまり、花粉症というのは、花粉アレルゲンが体内に侵入してIgEと結合することによって、症状を引き起こすことです。
ちなみに、こうした抗体が関与する免疫反応を液性免疫といいます。

花粉症の患者では、原因植物の花粉に対するIgE量が多いことは明らかであり、これがアレルギーを起こす直接の原因となっています。
このIgEという抗体については病院で検査を受けることができます。
最も簡単なものは血液検査です。
血中にこのIgEがどのくらいいるのかということを調べると、自分がアレルギー体質なのかどうかが分かります。

とはいえ、花粉症の原因となる花粉と接触しても全ての人が花粉症になるわけではなく、中にはIgEが通常値よりも多くても花粉症を発症しない人もいます。
またIgEの量が多いからといって、花粉症の症状が重くなるわけではありません。

このように単純にIgEの量だけで花粉症の判断はできませんが、少なくともアレルギー体質の素地があるのか否かは判断できます。
Category 花粉症

健康第一の花粉症とIgE抗体のリンクについて

健康第一の花粉症とIgE抗体のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。