アメリカの花粉症

アメリカの花粉症のページを説明

新着記事一覧

アメリカの花粉症

花粉症は、植物の飛ばす花粉が人間の免疫系を刺激して起こる症状です。
つまり、植物と人間がいるところならばどこでも、花粉症になっている人がいる可能性があるということです。
花粉症は、原則的に自然治癒は期待できないため、毎年のように患者数は増え続けています。
日本国内では花粉症と言えば、およそ80%はスギ花粉症といわれ、新たな国民病とも呼ばれています。

海外では花粉症というと違う植物を思い浮かべるようです。
アメリカでは花粉症と言うとブタクサ花粉症が一般的なようです。
しかも国土が広いせいか、有病率は5〜10%程度といわれています。
アメリカでは杉はそれほど多くないということなのでしょうか。
杉花粉症ではあるけれどブタクサ花粉症ではない、という方は花粉症を避けるためにアメリカに避難するという手もありますね。

ブタクサというのは、9月ごろに開花するキク科の植物です。
秋の花粉症と言われるのは、このブタクサ花粉症が最も多いです。
ブタクサは日本にもたくさん生えていて、国内にもたくさんのブタクサ花粉症を患っている人がいます。
ブタクサ花粉はスギ花粉ほど遠くには飛ばないので、ブタクサ花粉症だと診断されたとしたら、家の近くや職場の近くにこのブタクサが生えているところがあるということです。

花粉症という病気からも、国ごとの植生の違いが分かるというのは面白いですね。
因みに地域差もある日本国内でも、スギの少ない北海道ではスギ花粉症は少なく、イネ科やシラカバ(シラカンバ)による花粉症が多いのです。
Category 花粉症

健康第一のアメリカの花粉症のリンクについて

健康第一のアメリカの花粉症のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。