口臭と病気の関係

口臭と病気の関係のページを説明

新着記事一覧

口臭と病気の関係

口臭のほとんどは「生理的口臭」といって、舌や歯の汚れと細菌がつくり出す成分によって発生します。
だいたい70%を占めていると言われています。

口臭に唾液はとても重要です。
唾液が流してくれるのでキレイになる口の中も、唾液の分泌量が少なければ流すことができず口臭の原因となってしまいます。

また唾液の分泌量というのは睡眠不足やストレスなどでも減ってしまいます。そういった口臭というのは改善ができます。
睡眠不足ならば早く寝るように心掛けて睡眠をとったり、ストレスはストレスの原因を考えて取り除いてあげると改善できます。

口臭の原因として病気の場合もあるので注意です。
この「病的口臭」というのは、口腔内に起こる病気(虫歯や歯周病などです)や喉の病気や扁桃腺の病気、呼吸器官や消化器官の病気、糖尿病などによっておこる口臭のことをいいます。

まず、口腔内に起こる病気によって起こる口臭ですが、これは虫歯や歯周病になったからといってすぐに口臭が発生してくるわけではありません。
虫歯や歯周病が進行しすぎた場合に口臭が発生してきます。

全身に起こる病気によって起こる口臭の場合は発熱などの場合には、水分を多くとればある程度の口臭は改善されますが、そういった病気以外の場合には医師に相談のもと、検査を受けることをオススメします。
また、ストレスなどの精神的なことでも起こりますので、口臭は体の健康メーターみたいなものです。

口臭が教えてくれていることもあるので口臭だと甘く見ないで歯医者さんなどへ相談してみてください
早期発見早期治療を行えば口臭は十分防ぐことができます。
Category 口臭

健康第一の口臭と病気の関係のリンクについて

健康第一の口臭と病気の関係のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。