胃と口臭の関係

胃と口臭の関係のページを説明

新着記事一覧

胃と口臭の関係

口臭がするということに胃は関係しているのでしょうか。

胃が口臭に関係しているとしたらそれは食事に繋がってきます。
よくコマーシャルでも見かけると思います。
「ブレスケア」ご存知でしょうか。
ニンニク料理などをたべても「ブレスケア」を食べれば胃の元から臭いを消すので口臭しません、という「ブレスケア」です。
胃が口臭に関係しているときは臭いのきつい物を食べた時ですね。
ですから体調を崩した時に口臭がするのは胃が原因ではありません。

体調を崩したときに口臭がするのは免疫力が低下して口の中の細菌が増えることによって口臭がきつくなるのです。
熱がある場合にも体内の水分が減ったり、唾液の分泌量が減ったりして口臭がします。
口臭は食生活の見直しや風邪を予防することで防げるのです。
ですから風邪が治れば口臭も消えていきますし、きつい食べ物を食べて時間がたてば口臭も消えてしまいます。

逆に言えば口臭がするということは体のどこかが調子が悪いと訴えていることになるので、病院へ検査に行くのもよいと思います。

口臭は体調不良のサインということになります。
唾液の分泌量が減ると口臭がするのは唾液というのは細菌を殺してくれる働きがあるのでその唾液が減ってしまうと死ぬはずの細菌が無数に存在することになるので口臭がするのです。
Category 口臭

健康第一の胃と口臭の関係のリンクについて

健康第一の胃と口臭の関係のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。