乾燥肌による湿疹

乾燥肌による湿疹のページを説明

新着記事一覧

乾燥肌による湿疹

乾燥肌は単に肌がカサカサするだけではなく痒みを伴うので、ストレスもたまります。
しかも空気の乾燥は肌の一番の大敵です。
湿疹は食べ物とかストレスとかで内側から出ることも多いですが、乾燥肌が原因での湿疹も秋〜冬時期は多いそうです。
なぜ乾燥すると湿疹ができるのかを簡単に説明します。

皮膚の表面は、皮脂と汗などが適度に交じりあって出来た皮脂膜という膜があります。
皮脂膜の役割は、皮膚に大切な水分が蒸発しないように水分保持するのを助け、しっとりとした肌を作り、それによって内部での細胞分裂を活発にする為の手助けとなります。

冬になると空気が乾燥するので、お肌も乾燥してしまいます。
水仕事をした後とか、熱いお風呂に入って体が温まった後は特に、皮膚からすぐに水分が蒸発してしまいます。
そして出来上がった乾燥肌、乾燥した皮膚の表面には保護してくれる膜が壊れて内側に刺激物質が入りやすくなります。

刺激物質となるものにも色々あります。
「痒い」とボリボリ掻く刺激
化繊などによる静電気
衣類に残る残留洗剤
ハウスダスト
その他身近なあらゆるものが刺激の原因になり、その刺激物が壊れた表面の膜の隙間からダイレクトに肌の内部に入り込みます。
そしてそれが原因で湿疹が起きるのだそうです。

ですから、入浴後や洗顔後、手洗い後は、濡れたままにせず、きれいに水分を拭き取り、すぐに衣類を着ましょう。
こうすることによって、肌からの水分の蒸発が防げます。
もちろん、その後の肌のケアもしっかりやっておきましょう。

特に赤ちゃんの場合は、痒くても泣いてしか訴えることができません。
あまり神経質になる必要はありませんが、入浴後は部屋が暖かいからとそのままにせず、きれいに体を拭いて、すぐに服を着せてあげましょう。
Category 肌荒れ

健康第一の乾燥肌による湿疹のリンクについて

健康第一の乾燥肌による湿疹のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。