思春期のにきび

思春期のにきびのページを説明

新着記事一覧

思春期のにきび

色々な要因があいまって、思春期のにきびが発生します。

皮脂腺が活発になる原因の一つに男性ホルモンがあります。
性別は関係なく、思春期には男性ホルモンが多めに分泌されます。
この皮脂腺の活発化によって一般的に思春期ににきびが出来やすくなるといわれています。

たとえ女の子でも、思春期に入ると男性ホルモンの分泌が活発になり多く分泌されることが判明しています。
男性ホルモンの分泌が盛んになると、男性ホルモンが毛穴の中の皮脂腺を刺激し、結果皮脂が過剰に分泌されます。
これが思春期ニキビになります。

本来、皮脂は潤いを与え皮膚を保護する物質ですが、分泌されすぎると毛穴の角質層を厚くする原因になります。
白ニキビは皮脂によって狭まった毛穴に脂肪が詰まることで発生するもので、白いものは脂肪分です。
この白ニキビにニキビ菌がとりつくと毛嚢の部分が炎症を起こし、膿などもできて赤く腫れた赤ニキビになってしまいます。
思春期に出来るニキビは、歳を重ねて大人になれば自然と治っていくものと思われています。
事実、思春期のニキビの大半が、終わり頃になると、男性ホルモンのバランスが正常に戻ります。
過剰な皮脂分泌は男性ホルモンの減少に伴って次第に落ち着いてくるので、思春期の終わり頃にはニキビも少なくなっていきます。

十代のうちは化粧などはせず、肌を清潔に保つこともニキビ防止には必要だといわれています。
Category 肌荒れ

健康第一の思春期のにきびのリンクについて

健康第一の思春期のにきびのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。