生活習慣と肌荒れ

生活習慣と肌荒れのページを説明

新着記事一覧

生活習慣と肌荒れ

生活習慣が原因で肌荒れがおこっている方は多いです。

1.睡眠
睡眠は肌の状態にかなり影響を与えます。
寝不足の日が続くと肌荒れや顔色が悪くなったり、脂質が多くなったりして、にきびの原因にもなります。

・しっかりメイクは落として寝ましょう。
メイクや一日の汚れ、汗はしっかりと落としましょう。
保湿も忘れずに行えば完璧です。

・十分な睡眠をとりましょう。
6〜8時間の睡眠時間は確保しましょう。
肌細胞は睡眠時間に再生します。
肌の新陳代謝が活発に行われる時間帯は深夜22時〜2時の間なので、肌のためにはこの時間内には睡眠を取りたいものです。


2.食生活
食生活の乱れでも肌荒れがおこる原因になります。
肌のためだけでは無いですが、食事をバランスよくしっかり食べることが大切です。
また、ビタミン、ミネラルをたっぷり摂ります。
皮膚の状態を整える為にはビタミン、ミネラルをきちんと摂取すると効果があります。


3.喫煙
喫煙は体にとっては何一ついい事はありません。
肌に必要なビタミンCは、1本喫煙する毎に約25mg失われます。
量としては、人の1日における必要なビタミンCの約半分に相当します。
ビタミンCが不足すると、肌荒れだけでなくシミ、ソバカスの原因になります。


4.便秘
排便は体内の毒素や不要物を体外に出す役割がありますね。
便秘になってしまうと当然排出されず、腸内で便が腐敗し悪玉菌が増え、有害物質が発生してしまいます。
有害物質は血液中に溶け込む事で全身にまわり、肌荒れ、にきび、吹き出物などの原因の1つとなります。
Category 肌荒れ

健康第一の生活習慣と肌荒れのリンクについて

健康第一の生活習慣と肌荒れのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。