肌荒れの症状

肌荒れの症状のページを説明

新着記事一覧

肌荒れの症状

「肌荒れ」には様々な症状があります。

1.かゆみ
<乾燥肌>
乾燥肌は肌が乾燥し、角質層が不均等な重なりとなるため、はがれやすくなります。
そのため外からの刺激を角質層の下の知覚神経が受けやすくなり、「かゆみ」となってあらわれると言われています。

<じんましん>
猛烈なかゆみと発疹を伴う症状で、短時間でひくのが一般的です。
皮膚の奥で炎症が起こり、血管から血液の成分が漏れ出すためにすぐにふくらみができます。
主な原因としては、農薬、食事、ダニ、ハウスダスト、衣類、植物などと言われていますが、他にも原因はあり多くは不明となっています。

2.湿疹
症状は、赤いブツブツや小さい水ぶくれ、腫れやじゅくじゅくする、
乾燥して粉をふくなどが混ざり出来るものでかゆみを伴います。
原因が様々なので早めに皮膚科で診察してもらいましょう。

3.吹き出物
字のごとく皮膚にできる「できもの」のことです。
馴染みの深い「にきび」も吹き出物です。
吹き出物の原因も様々あり、主な原因は食生活、ホルモンのバランス、ストレス、睡眠不測、便秘、化粧品が合っていないなど考えられます。

症状を改善するためには、肌を清潔な状態に保つのが大切です。
洗顔をしっかりと行いたいですが、低刺激の洗顔料を使って下さい。
汚れが取れそうなのでゴシゴシ洗顔すると皮膚を傷つけや易いので、
泡立てた細かい泡で汚れを落とすようにしていきます。
洗い流す時も洗顔料が残ったり、雑菌が残ったりしない様、しっかりと洗い流しましょう。
Category 肌荒れ

健康第一の肌荒れの症状のリンクについて

健康第一の肌荒れの症状のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。