ジンマシンの薬の種類

ジンマシンの薬の種類のページを説明

新着記事一覧

ジンマシンの薬の種類

ジンマシンの薬には様々な種類があり、症状によって選ぶポイントがあります。


■カプセル剤
医薬品を顆粒や粉末、液状などにして、カプセルに入れた内服薬。
カプセルは厚さや材質などによって、薬が最も効果を上げる場所で溶けるようになっています。

■錠剤
薬を圧縮して、一定の形に作った内服薬。
トローチなどもこの仲間です。

■顆粒剤
薬を粒状にした内服薬です。顆粒の大きさはいろいろあります。

■細粒剤
粉薬と言われています。薬を粉末状にした内服薬。

■クリーム剤
クリーム型の外用薬で、しみるなどの副作用が少なく、浸透性と使用感が良い薬です。
すべてのじんましんのタイプにほぼ対応ができます。

■軟膏
半固形の外用薬。多少ベタつきがあります。
クリームより浸透性はやや落ちますが、刺激が少なくひび割れや乾燥、ただれなどに適しています。

■液剤
液体の外用薬。使用感がスッキリしていて、すぐ乾きます。
傷になっているじんましんには、しみることもあります。

■リニメント剤
液状や泥状の外用薬。患部に、へらなどで伸ばしてつけます

■エキス剤
生薬などから浸出された薬効成分が濃縮されて作られています。
内服薬と外用薬の両方のタイプがあります。

■シロップ剤
のどの通りをよく飲みやすくした内服薬。
白糖の溶液や、その他の糖類、甘味剤が加えてあります。
液状のものはシロップと言い、粒状の物はドライシロップと言います。

■ローション剤
ルッとした感触が特徴の外用薬です。
水性液の中に薬を均等に分散させた液剤です。

■スプレー
外用薬で、液体を霧状に飛ばします。
冷却効果でかゆみを抑えるものなどがあります。


これらの薬の中で、特に服用することが多い錠剤についてお話したいと思います。

錠剤は全てが成分というわけではなく、錠剤の有効成分は1錠中10mg程になります。
10mgとは、呼吸でも吹き飛んでしまう量になるので、体の中では何の作用も無い乳糖などの物質を混ぜて体積を大きくしています。
それが適切な大きさの錠剤になっているのです。

そして錠剤はいくつかの層に分かれています。
これは単一成分や複数成分を別々に固め、溶け出す時間が層によって変えられる意味を持ちます。
錠剤のように固体化にすることで、粉末状であった刺激臭を封じ込める効果、成分を結晶にしてより安定させる効果、カプセルに流動性の成分を入れる利便性なども、錠剤は兼ね備えています。

錠剤を粉砕してしまうと、溶解時間と異なる時間に成分が溶け出す為、錠剤の持っている効果が薄れます。
また噛んだり、溶かしたりすると、薬の効力を軽減させるので注意して下さい。
水かぬるま湯で決められた時間に錠剤を服用するようにしましょう。
Category ジンマシン

健康第一のジンマシンの薬の種類のリンクについて

健康第一のジンマシンの薬の種類のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。