ジンマシンでできる腫瘤・膨疹・びらん

ジンマシンでできる腫瘤・膨疹・びらんのページを説明

新着記事一覧

ジンマシンでできる腫瘤・膨疹・びらん

ジンマシンで出来る腫瘤や膨疹、びらんについてお話したいと思います。 腫瘤(しゅりゅう)とは、皮膚が膨らんで盛り上がった部分を指し、「腫瘍」が原因となります。 こぶやはれもののことで、できもののことを指します。 「腫瘍」とは、体の一部の細胞や組織が病的に増殖したものを言います。 ほとんどの場合は、増殖した細胞が腫れ物作り出します。 ただし白血病の場合は腫れることはありません。 腫瘤は基本的に、結節、丘疹よりも大きいのが特徴です。 また、腫瘤は腫瘍と間違われやすいと言われています。 腫瘍の中身は細胞質で細胞が詰まっている物で、悪性なら癌、良性の場合は良性腫瘍となります。 膨疹(ぼうしん)とは皮膚がやや盛り上がった状態になり、薄いピンク色になります。 真皮の上層にしか発生しないのが特徴で、盛り上がった部分は柔らかく、短時間消えてしまいます。 膨疹は、学術的には一過性の浮腫、真皮上層の限局性と定義されています。 びらんとは、膿疱や水疱からよく起こる症状で、皮膚や粘膜の上層の細胞が剥離し、ただれた、じくじくとしたものを指します。 他にびらんと呼べるのは、水ぶくれが潰れ、赤い皮膚が露出することも含まれます。 胃の内部びらんは、胃壁(胃の内側)がはがれることをいい、子宮膣部びらんは、ホルモンの影響などで、膣の奥や、子宮の入り口辺りの赤い粘膜が膣部表面にはみ出し、その部分がただれたように見える状態を呼びます。 口角びらんは、口を大きく開けると出血したり痛んだりする症状を指し、唇の角の部分に割れ目ができます。 機械的な刺激や細菌の感染で起こりますが、全身疾患の一部として症状が出てくる場合もあります。 このように、びらんは、皮膚がただれて剥がれ落ちる状態のことを指します。
Category ジンマシン

健康第一のジンマシンでできる腫瘤・膨疹・びらんのリンクについて

健康第一のジンマシンでできる腫瘤・膨疹・びらんのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。