ピロリ菌とジンマシンの発症

ピロリ菌とジンマシンの発症のページを説明

新着記事一覧

ピロリ菌とジンマシンの発症

ピロリ菌はかわいい名前ですが、慢性的に吐き気がしたり、食欲がなかったり、胃が痛かったり、便通が悪かったりする恐ろしい菌です。
それだけではなく、ピロリ菌は胃炎、胃がん、胃潰瘍、の原因であることが明白となっています。

2006年時点では約50%以上の日本人が、ピロリ菌に感染しているとされています。
戦後、衛生状態が悪い時代に生まれ育った人も、高い感染率を示しています。
特に発展途上国では感染率が高く、世界中でピロリ菌感染者は増えています。
先進国では感染率が低い傾向があります。
ピロリ菌は、飲み物、食べ物から感染しやすく、衛生状態の悪いところでは、ピロリ菌が繁殖しやすくなっています。

ピロリ菌は、狭心症や心筋梗塞などの自己免疫疾患、虚血性心疾患、
神経疾患などもその一つであり、皮膚疾患もピロリ菌の影響を受けています。
皮膚疾患にはかゆみ、湿疹が良くありますが、じんましんが発生する場合もあります。

じんましんにはアレルギー性じんましん、温熱じんましん、機械的じんましんなどの種類があります。
病巣に住みつく細菌の毒素などの影響で発症するじんましんは、扁桃腺炎、副鼻腔炎、虫歯が原因とされていました。

しかし、今後じんましんの原因とされる物はピロリ菌も加わります。
ピロリ菌を保有しているじんましんの患者に対し、ピロリ菌の除菌をした結果は、65%〜80%、じんましんの改善が見られたと報告されています。
ピロリ菌で胃の不調とじんましんを含めた皮膚の異常がある人は、ピロリ菌の除菌で病気が治る可能性があります。
Category ジンマシン

健康第一のピロリ菌とジンマシンの発症のリンクについて

健康第一のピロリ菌とジンマシンの発症のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。