病巣感染によるジンマシン

病巣感染によるジンマシンのページを説明

新着記事一覧

病巣感染によるジンマシン

病巣感染によるジンマシンとは、病気を持っている方に起こるじんましんです。
症状は皮膚の赤味、かゆみ、わずかな腫れが伴います。

「病巣感染」とは、バイ菌による感染症の病気で、その箇所とは関係ない離れた箇所に障害が起こることです。
この病巣感染の原因は60%が扁桃腺炎と言われています。
30%が歯の病気そしてそれ以外の病気が10パーセントと言われています。
よく発病する例は、虫歯、扁桃腺炎、副鼻腔炎などが挙げられ、それに伴い、かゆみ、湿疹、じんましんが発生する場合があります。

病巣を持っている人が、食事をしたり、物理的刺激を受けないのに、かゆみが出たり発疹が出現した場合は病巣感染によるじんましんの可能性が高いと言えるでしょう。

原因が病巣感染によるじんましんの治療は、抗アレルギー剤や、抗ヒスタミン剤という種類の薬でも、一時的な治療にしかなりません。
病巣感染によるじんましんの治療は、病巣感染をまずは治すことを心がけて下さい。

次に「病巣」についてお話したいと思います。
「病巣」とは、細菌が慢性的に存在し、軽い炎症を起こしている箇所を指します。
この病巣自体は、病的症状をあまり感じることがなく、わずかな違和感を、感じる程度です。
病巣感染は病巣とは、全く関係なさそうな臓器に障害が現れ、二次的な病気が起こってしまうことを言います。


【病巣感染が起こる理由】

■病巣から、細菌が血管を通って他の部位に感染する
■細菌の毒素が血管を通り体内に沈着する。そして感染防御反応が衰える。
■抗体によるアレルギーが起こる(細菌、毒素、細菌の死骸、代謝産物)
■体の一部の感染病巣の存在により、被害を受けてしまう臓器
 心臓、肺、皮膚、腎臓、胃など(胎児にも多い症状)

その二次疾患がじんましんです。
他にも腎疾患やリウマチ性疾患、皮膚疾患、胃潰瘍、循環器障害、胃癌、早産、低体重児出産、などがあります。

初期症状で一時的なじんましんが発生しているケースもあるので、
必ずしも病巣を完治しなければ、じんましんが治らないという訳ではありません。
Category ジンマシン

健康第一の病巣感染によるジンマシンのリンクについて

健康第一の病巣感染によるジンマシンのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。