日光ジンマシン

日光ジンマシンのページを説明

新着記事一覧

日光ジンマシン

日光ジンマシンとは、外で太陽に直接当たり、その部分がかゆくなるじんましんの事を言います。 時期的には4〜9月、強い太陽光線に当たる季節に起こりやすく、皮膚の赤味やかゆみ、わずかな腫れを伴います。 じんましんが出来やすい人は、太陽光線に直接当たった直後、数秒後に発症します。 10分以内にはじんましんがピークに達し、1〜2時間症状が続きます。 そのままで症状が悪化することもありますが、留まることもあります。 原因は直射日光によるものなので、外出の際はケアをし、保護するようにしてください。 日常生活に支障をきたす場合が多いので注意する必要があります。 日光が発生しにくい環境をつくりましょう。 日光じんましんは、体に日光があたると手足、背中、太もも、腹部などに、かゆみを伴う発疹が出たりします。 日光じんましんの可能性が高い人は以下の通りです。 ■部屋の中ではかゆみがないのに、外出すると発症する ■季節は春と夏が多く、紫外線の多い時期になるとかゆくなる ■プールや海などで露出した時に、かゆみと赤みがでる ■直射日光にあたった箇所の皮膚に発疹が出現し、かゆくなる 日光じんましんと一緒に現れやすい症状は以下の通りです。 ■吐き気、頭痛、悪心、腹痛、下痢 この場合、注意しなければならない点は、ショック症状などを伴うことがあると言うことです。 しっかりと自分の体の変化を認識してください。 日光じんましんの治療は抗ヒスタミン剤の内服と注射などです。 軟こうなどの塗布も併用します。 日光じんましんも、年齢や環境の変化で完治する場合が多いので、専門医と相談し、しっかりと治療に望むことが大切です。
Category ジンマシン

健康第一の日光ジンマシンのリンクについて

健康第一の日光ジンマシンのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。