赤ちゃんの口臭

赤ちゃんの口臭のページを説明

新着記事一覧

赤ちゃんの口臭

赤ちゃんに口臭がしているという場合には、たいてい赤ちゃんが何らかの病気になっていると思ってください。 風邪や発熱、口内炎や扁桃腺炎にかかっていることを考えましょう。 他にはアデノイドやアデノイド周囲炎、蓄膿などです。 また単に鼻が詰まっていて口呼吸をしているときにも口臭はしてきます。 何故そういった時に口臭がするのかというと、唾液の分泌量が減ってしまうがために口臭がしてしまうのです。 唾液というのは口の中の汚れや細菌などを流してくれてきれいにしてくれる作用があります。 ですがその唾液の分泌量が減るということは流されないので細菌が口の中で繁殖してしまい口臭がするのです。 特に赤ちゃんは口腔内ケアができませんから余計口臭がします。 家庭での赤ちゃんの口臭の対処方法ですが、あまり神経質にならないことです。 一時的なことなのでお茶やお湯をいつもより少し多く飲ませてあげたり、歯みがきをしたり、できない場合にはガーゼで優しく拭いてあげるなどしてあげます。 ただ無理強いはしてはいけません。 この次期に嫌になってしまうと口臭予防以前に歯みがきが嫌いになってしまうので注意しましょう。 すぐにできることと言えば水分を多くとらせてあげることでしょうか。少しは流されるので口臭もそれほど気にならなくなると思います。
Category 口臭

健康第一の赤ちゃんの口臭のリンクについて

健康第一の赤ちゃんの口臭のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。