幼児の口臭

幼児の口臭のページを説明

新着記事一覧

幼児の口臭

幼児も人間ですから口臭は発生してきます。
お子さんがいらっしゃる家庭でしたらご存知だと思いますが。

まず、幼児の口臭チェックですが、歯が生えていない幼児は舌苔、舌の色、口のニオイ、唾液のネバネバ感で口臭を判断してください。

また歯が生えてきている幼児には、口臭チェックにプラス虫歯が無いかどうか見ておくと良いでしょう。
虫歯が無くても汚れ、プラークが付いていると口臭が発生してきます。

幼児の口臭の場合には、口の中にいる菌の繁殖が唾液で退治しきれなくなっていてカビが生えてしまったり、蓄膿(ちくのう)になっているという状態で口臭が発生していることがあります。
幼児というのは歯みがきが上手くできないので、お母さんやお父さんの仕上げ磨きで汚れを取り除いてあげてください。

幼児の舌というのは大変敏感なので、荒く取り除かずにガーゼなどでふき取るようにしてください。
やりすぎると舌が敏感になってしまい、唾液の分泌量が調節できないということもあるようですので注意しましょう。

また幼児の年齢に合わせた歯ブラシを使うのも重要です。
今は0歳から年齢別に歯ブラシが出ていますし、子供向けにキャラクターがついているものもあります。
楽しく歯ブラシできる環境を作ってあげましょう。
Category 口臭

健康第一の幼児の口臭のリンクについて

健康第一の幼児の口臭のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。