口臭の正体

口臭の正体のページを説明

新着記事一覧

口臭の正体

口臭と聞いて思うのは「嫌な臭い」とか「臭い」とかではないでしょうか。
人間が口臭を気にしだしたのは何と古代ローマ時代からだといわれています。
また厚生省の調べでは平成11年の時点で口臭があると悩んでいる人は15%もいるそうです。
ですから今ではもっと増えているかもしれません。
基本的なことですが口臭というのは呼吸するときや人と話すときに出てくる息が相手側に不快に感じられるものをいいます。

では口臭の物質とは何でしょう。
代表的なものを挙げると、まずは硫化水素です。
よく言われている卵の腐った臭いです。
次に挙げられるのはメチルメルカプタンです。
これは血生臭いような魚臭いような感じです。
最後は硫化ジメチルです。これはゴミ臭い感じです。

口臭の正体というのは硫化水素などたくさんの物質があって、それが混ざり合ってできています。
口臭を器械で測定できますが、測定できる物質は硫化水素、メチルメルカプタン、硫化ジメチルの3つだけです。

口臭の測定方法は、先ほど挙げた器械で測定する方法と歯科医師や歯科衛生士が臭いを嗅ぐ方法の2種類です。
測定する器械にも種類があって、オーラルクロマ、ハリメーター、ブレストロンがあります。
Category 口臭

健康第一の口臭の正体のリンクについて

健康第一の口臭の正体のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。